ワイルド・スピード EURO MISSION Fast & Furious 6 (日本語吹替版) – ジャスティン・リン

ジャスティン・リン - ワイルド・スピード EURO MISSION Fast & Furious 6 (日本語吹替版) アートワーク

ワイルド・スピード EURO MISSION Fast & Furious 6 (日本語吹替版)

ジャスティン・リン

ジャンル: アクション/アドベンチャー

価格: ¥800

レンタル料金: ¥300

リリース日: 2013年7月6日


ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソンたちおなじみのキャストが再集結。世界中で大ヒットした「ワイルド・スピード」シリーズが、新たな土地を舞台にスピード・レースを繰り広げる。同シリーズで人気のジョーダナ・ブリュースター、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、サン・カン、ガル・ギャドット、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、エルサ・パタキに加えルーク・エヴァンスとジーナ・カラーノが新たに参加。シリーズ中、最も危険なミッションに挑む。前回、リオデジャネイロで犯罪組織を打倒したドミニク(ディーゼル)とブライアン(ウォーカー)たちは、1億ドルの大金を手に入れ世界各地に散らばっていた。しかし、逃亡犯の彼らは故郷に帰ることもできず、自由な生活を送れずにいた。一方、ホブス(ジョンソン)は、12ヵ国をまたにかける国際的犯罪組織を追っていた。その組織には極限のテクニックと非情さを持ち合わせたドライバーたちがおり、彼らを束ねている男(エヴァンス)には冷酷な右腕がいた。その右腕の人物は、死んだと思われていたドミニクの恋人レティ(ロドリゲス)だった。犯罪組織を止める唯一の手段は、ストリートで彼らを打ち負かすこと。ホブスはドミニクに凄腕の仲間をロンドンに招集するよう協力を要請した。果たしてその見返りとは?それは何とドミニクたち全員が故郷で再び家族と共に暮らすことができるように、これまでの罪を免除するというものだった。世界中で大ヒットした前作「ワイルド・スピード MEGA MAX」から、アクション、スタント、ストーリーがさらにスケールアップ。ジャスティン・リンがメガホンを取るのは今作「ワイルド・スピード EURO MISSION」でシリーズ4作目となる。脇を固める製作陣には同シリーズ開始当初から参加しているニール・H・モリッツとヴィン・ディーゼル、そして今作ではクレイトン・タウンゼントが久しぶりに名を連ねている。

© © 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.